市貝町芝ざくら公園
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

市貝町芝ざくら公園の展望台から見渡す。

市貝町芝ざくら公園

 

栃木県南東部に位置する市貝町。 市羽村と小貝村が合併する際、村名の一文字を取り入れて命名された市貝村が、1972年の町制施行によって市貝町となりました。 その市貝町にある芝ざくら公園は、芳那の水晶湖を採掘した際の残土の上に作られており、本州最大級を誇る総面積2.4haに約25万株の芝桜が植えられています。 4〜5月に迎える開花の時期には、芝ざくらまつりも開催され大変多くの人で賑わう栃木県有数の観光スポットとなっています。 (写真は、市貝町芝ざくら公園… 2018.4.27)

市貝町観光協会のHPは、https://www.ichikai-sibazakura.jp/




平成18年4月1日開園、面積80,000u(うち、芝ざくら植栽面積24,000u)、約25万株の芝ざくらが植栽されています。 展望台から見渡すパッチワークの光景は圧巻!
4月中旬から5月上旬には敷地内いっぱいの芝桜のじゅうたんを楽しむことができます。 2.4ヘクタールに広がる一面の芝ざくらと元気に泳ぐこいのぼり。

 

地元のお店がたくさん出店して、地元産の新鮮野菜や特産品などを販売しています。 芝桜園内は散策路が設けられています。 「平成19年度 美しいまち賞 市貝町芝ざくら公園」の石碑が立っています。
園内の展望台から見渡すパッチワークの光景。 芝桜は植えつけるとそこから横に匍匐(ホフク)して伸び、茎から根を生やしていきます。 ピンク色の芝桜が一面覆う美しい公園です。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 


Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved